カテゴリー別アーカイブ: programming

IIDX全曲表終了のお知らせその2

前にこういうのを書いているので、既にこのサイトを見ている方は終了した事自体はご存知かと思いますが、追加のお知らせです。

→IIDX全曲表終了のお知らせ | _sift-swift

ソースについては後で、と言ってましたが、公開しました。

→IIDX Smart Data | Github

実はSassのデータが無かったり、Importer用に書きだす前のデータがなかったりと存在していないデータもあるんですが、上記からcloneするなり、zipで持ってくるなりして、dbimport-sample.phpなど、「*-sample.php」となっているものをDB設定などを入れて、「-sample」を削除して、「dbimport.php」の中にある「http://example.com/data2iidxsd.sql」というURLを実際に自分でdata2iidxsd.sqlを配置した場所に変えた上でdbimport.phpにアクセスすれば、動くと思います。PostgreSQL8以上?と、PHP5以上が必要と思います。

(追記 : application/config.phpの$config[‘base_url’] = ‘http://iidxsd.sift-swift.net/’;ってのも変えてください。現状のCSS/JSが読まれるので…。)

テーブルの作成などなどはdbimport.php内で行っているので、特に何もしなくて大丈夫と思います(DBの指定は必要ですが)。途中でバグったら直してくださいね。

data2iidxsd.sqlは中身はSQLでもなんでもなく、タブ区切りの曲データです。これだけでもデータ集を作りたい!という方には価値はあるかもしれません。過去の難易度、NOTESも含まれています。(曲名も作り上対応できるようになっていましたが、対応していませんでした。曲noを同じにすれば同じ曲扱いになるはず…。)

内容としては、以下のようになっています。

  • id : 通し番号
  • no : 曲No(最初の2桁は登場時のverと同じ)
  • ver : バージョン番号(CSは+50する)
  • msc : 曲名
  • spn    sph    spa    spd : SPの難易度(Dは黒譜面orLEGGENDARIA)
  • dpn    dph    dpa    dpd : DPの難易度
  • n7    h7    a7    d7 : SPのNOTES
  • n14    h14    a14    d14 : DPのNOTES
  • bpm    bpmn    bpmx    bpmd : BPM(通常BPM or 開始時、最小、最大、詳細の順)
  • genre : ジャンル名
  • artist : アーティスト名
  • japan : 日本語用ソート数値

これが、各バージョンごとに全部ある感じです(旧曲も含めて書き出し)。

dbimport.phpでは、このデータを元に、各テーブルを作成しています。

データの利用に許可とかはいらないので使ってもらえたらと思います。

そして、新しい曲表が登場することを願っています。

IIDX全曲表関連で思い出したこと

昨日の全曲表がらみで、そういえばこんなのもあったなぁっていうのを、サイトには書いてなかったので晒してみる。

→みんなでIIDX全曲表@テスト

これ。Twitterで1度つぶやいたことがあるんですけど、そのままお蔵入りになったコンテンツです。リンク付きでツイートして、アクセス数1です。俺です。まあツイートの文言が悪かったのかもしれない。そもそも自分のTwitterの影響力なんてそんなものさってのはあるんですけど。

こんなTweetでした。

まあ、今読み返してもどこも面白そうじゃないし重いって書いてあるしスルーするよね普通…。

最初に大きな待ちがあるブラウザもありますが、表示されない、ってこともないかと思います。機能的には全然頑張ってないので、新曲だけ表示とかもできてないし、表示する項目を調整したりもできないんですけど、一つ特徴として、GoogleDriveにあるデータから表示してる、っていうのがあります。

→IIDX全曲DRIVE

これが(コンテンツにもリンクありますが)元データです。GoogleDrive側のデータを変えてもらえば、曲表のデータもちゃんと変わるはずです(あんまり真剣に試してないけど…)。

このコンテンツ(Twitterにも書いてましたが)、そもそもは今年の4/1に、かつてやっていたように、みんなで宇宙戦争に引っ掛けて「みんなでIIDX全曲表」だ!と思ったんですが、パッと見で面白くないので、苦渋の選択で廃案になったものです。まあ廃案でよかった気もします。

これで更新されていく未来、というのも考えないこともないのだけど…現状の使いにくさを何とかしないと難しいかもなぁ。誰か更新してくれる人がいそうな気がしないってのもありますし。

IIDX問題NOTE

IIDX問題NOTE、11/23に公開しました!

IIDX問題NOTE

IIDX問題集シリーズの新作です。前回は赤本風味だったので、今回は普通にノート風味にしました(と言ってもノートっぽいところはTOPだけなんですけど。)

5000問を超える問題が襲い掛かる!

問題制作メイン担当は前回同様Feeling of Atmosphereの詩音さんです!(毎度ながらありがとうございます。)今回は問題制作に詩音さんだけでなく数名の方に手伝って頂いていました。さがいさんゆやさんKOWさんシフティさん、ありがとうございました!

自分は例のシステムと見た目をやってます。前作がFlashで、これはJSなので、ソースの流用ができないのが一番キツかったですね。代わりにスマホでもできるようになったわけです。新しい形式の問題とか、スタンプのシステムとか、前はないシステムもあるし、前回の反省から、中級にあたる問題もあるので、ぜひプレイしてみください!

難しいことは考えず、難しい問題にトライしてもらえたらと思います!

– – –

どうやっても出ないスタンプがある?なんのことです??ANOTHERのs

コナスタへのリンクを通常リンクに戻すスクリプト

 コナスタへのアフィリエイトのリンクを通常リンクに戻すJavaScriptを作ってみた。案外あっさりできるもんだ。

 コナスタリンク削除

 (上のリンクをクリックした後、サイトの上の方にある広告部分で確認してみてください。)

 正確にはコナスタの、というよりはバリューコマースのリンクを通常リンクへ置き換えているのだけど。そのうち、上の広告リンクのそばに付け足します。アフィリエイトは踏みたくはないが、リンク先は見たい人用、ということで。

 仕組みとしては、

  • window.document.linksで全リンク取得
  • リンクのhref要素にvc_urlがあるか確認
  • あったらその中身をunescapeしてリンクを置換する

 という感じ。単純。

 最初はdecodeURIを使うのかと思ったけれど、unescapeでないとうまく動作せず。WinXPなら大抵のブラウザで動作するはず。他は不明。

Flashの上にHTML要素を配置する

 全曲表mini版を貼り付けるのに困った話。

 このサイトのTOPにはFlashを貼り付けているのですが、これの上にHTMLである全曲表miniをかぶせようとしてもうまく行かない。さてどうやってやるのかと思ったら、

  • Flashを貼り付けるときのオプションwmodeをopaqueかtransparentに
  • CSSで貼り付けるHTMLのz-indexをFlashのある要素よりも高くする

 ということの様子。単純にz-indexだけではうまく行きませんでした。swfObject2.0でembedSWFを使ってる場合は、

swfobject.embedSWF(“http://sift-swift.net/flash/pv3dtest.swf”, “topswf”,’550′,’250′,’9.0.0′, null, null, {‘wmode’:’opaque’});

みたいにすればいけますね。

参考:Flashの上に(X)HTMLを重ねる