倉庫番1-第1回:はじまりはじまり


 買ってから早1年弱。SaGa2も終了しGBが空いたため、ようやくプレイできるようになりました。

 倉庫番2の話を知っている前提で書いているので、知らない方はそちらから見た方がいいかもしれないです。

 気になるストーリーは以下から。

ふたりはしあわせにくらしましたとさ

めでたしめでたし

で終わるこの物語。

 愛する女性のためにろけっと(ひらがな)を購入し、さらに操縦し、他の星へまで行ってしまう

少年。

 その少年が、どうやって、どうして、その相手であるみき(ひらがな)と出会ったのか。そして互いに愛するに至ったのか。それが描かれている作品。それがこれである。

倉庫番1。

 電源を入れ、「そうこへいく」を選ぶと、あの見慣れた、それでいてなんともわくわくさせられる画面になる。

 おお、これはどこかの街角でしょうか。少年は女の子とすれ違います。おそらくドット絵を見る限り同じなので、これがみきでしょう。まだ出会ってもいないはずなので、これがファーストコンタクトというやつですね。

 お互いにすれ違った後、少年は何か言いたそうです。さて、何と言う?感想か?まさか点数を付けるなんて無粋な真似はしまい。

 そう思っているうちに、少年の頭上にはハートマークが。ああ、一目惚れってやつですね。わかります。

 昔の漫画風にすると、目がハートマークになるような感じですね。ちょっと古いか。まあとにかく、この時から少年はみきのことを思い続けているわけですね。

 さて、その一目惚れの相手に少年は何と言う?

少年「プレゼント かうぞ!」

 おお、意外と普通のことを言っている!!!

 あの

「ろけっと かうぞ」

 で全米を震撼させた驚かせてくれたあの少年が、いかにもありそうなことを言うなんて!!

 やはりものには順序って物があるってことですかね。まずはプレゼント、と。

 ・・・ん?でもちょっとおかしいような。さっきすれ違っただけですよね?名前すらまだ聞いてないですよね?・・・会話もしてないですよね?

 いきなり飛ばしてくれます。流石は少年。

 いや、これだけじゃ何とも言えないな。自分は知らないだけで、もしかしたら出会い頭にプレゼントすることというのはもの凄く効果が高いのかもしれないし。まあ常識的に考えれば、いきなりプレゼントしてもただの怪しい人なのだが。

 そうは言っても少年のことだ、何かプレゼントに仕掛けがあることも考えられる。ここは一つ、少年のプレゼントに期待するとして・・・、

次回へ続く。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。