IIDXSmartDataを少しだけ更新した話


そのうち止まるかもしれないけど、という前置詞が付きます。

KAC2012凄い盛り上がりでしたね。一番注目してたのは、当日公開の新曲をプレイするというボルテだったんですが、チャンピオンはあっさり975万点くらい出してて、流石だなと思いました。

で、UST観てる間に作業していたら意外と進んだので、アップロードして反映してみました。

IIDX Smart Data

機能としては、前に言ってた機能を全部実装したわけではないのですが、

  • 検索
  • カテゴリ分け
  • 難度変更履歴

が見れる/できるようになりました。ちなみに難度変更履歴は既におかしいところが見つかっているので、あんまり当てにしないでください。

次は前にもあった表示項目の制御を実装しようかなと思っています。jQueryで列の表示制御はできそうなので、JavaScriptをいじいじするだけでできそうかなと思っています。前はPHPで再問い合わせしていたのですけど。

JavaScriptといえば、そもそもJavaScriptで表を表示したほうが扱いやすいんじゃないか?とかもちょっと思っています。1000行近いテーブルのソートをJavaScriptでやったら、古いマシンの場合ブラウザが死ぬかも??と思ってまだやってません。とりあえずは今までと同じものが使えればいいかなということで、同じ機能を実装した上で、JSON書き出しした時についでに実験しようかと思います。いつになるかわかりませんけどね!!

最近はJavaScriptを直接書くんじゃなくて、CoffeeScriptからJS書きだしてみたりなんていうのが流行りのような気もしますが、(さらにいつになるのかわからなくなるので、)jQuery先生で楽をしつつ開発していこうかと思います。

Sublime Text 2 + Sassを試してみています。SublimeText2、最初はWeb上の評判をみて持ち上げすぎでは…とか思ってましたが、確かに使いやすいです。試用は無料でできるので試すといいと思います!Sassは現状はCSSをネストして使ってみてるだけです。関数とかちゃんと使いたいところですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。