RimoとDJT


 今日で2007年も終了ですか。今年のまとめは次の更新時に。

 IIDX。帰省ついでに途中のゲーセンに寄って遠征筐体数を増やしてきました。ついでにUbertreffen[H]はA出して来ました。AAは遠いけど、徐々に慣れてきたのでもしかするともしかするかもしれない。beat#2まで頑張ってみよう。

 そういえば、RimoのIIDX TROOPERSチャンネルを利用すると簡単にDJTの音楽プレイヤーになることに気がついた。しかし本当にこれ大丈夫なのか?と思わなくもない。自分が作ったわけではないですが↓

 Rimo – beatmaniaIIDX15 DJ TROOPERS

 動画をブログパーツとしてブログから流すこともできるので、いろんなブログ/サイトがやりだすと流石に動画が消されそうな。まあ、Rimoそのものがもはや完全にニコニコに負けて勢いがない感じなので気に留めてないかな。

 Rimoって何で失敗したんだろう。いや、まだまだこれからなのかもしれないけど、最初は勢いあったのに一気に失速した気が。結構いいアイディアだと思うのだけど。やっぱり「パソコンはTVではなかった」、ということなんだろうか。

 でもニコニコで同じようなことができたら流行りそうな気もするんだけど、やっぱり中に流れるコンテンツの違いなんだろうか。あるいはYoutubeの容量制限か。クオリティか。ニコニコのマイリストを自動で全部流せるツールがあればすごく便利な気がする。というかどこかにそんなツールはありそうな気もする。探してないけど。

 Rimoの動画URLの登録って勝手に人のサイトが登録される可能性があるような気がするんだけど、動画URLを取得するための元URLだからあんまり気にしないのかな。多分サイトの持ち主はいい気はしないと思うのだけど・・・。

 あとRimo放送局を誰もが変更可能なのも不思議な感じがする。本来は勝手に登録されていくことで番組が増えていくことを期待したのかな。ユーザがいれば分かるけど、現状ではあんまり機能してない気もする。むしろ人の作ったものを編集するのはいかがかと思うし。何かと中途半端なのかも。

 —–

 写真がFlickrに流れるように、コンテンツはこちら側からあちら側にどんどん移っていく気がするなぁ。それが良いか悪いかは別にして、動画はYouTubeとかニコニコに流れていき、ユーザはブラウザさえあればいいという状態になりつつあるし。もうデータはこっち側に持つ時代じゃないのかな。まあ、そういう時代になったとして、それがどうなるのかは分からないけど。まあ、携帯でほとんど用が済むことになるのは間違いないと思うけど。

 自分の言いたいことがよく分からないのでとりあえず終了。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。