カテゴリー別アーカイブ: as3

wonderflを使ってみる

 TOPのFlashをwonderflに入れてみました。

 @追記

 PV数によってランキングされる上に、記事に貼り付けたPV数も取られて、ランキングに影響するのね。何かTOPページ見たら大変なことになってて笑ったw

 あと一回作り始めたら消せないのが泣ける。やっぱりやめた!って時が少なからずあるだろうのに、空のデータを残すことになってしまう。まあ、後で再利用すればいいのかもしれないけど、あんまり気持ちよくない気がする。

 @追記ここまで

 以下続きから。

続きを読む wonderflを使ってみる

3Dダンジョン風の動作をPapervision3Dで作ってみる

dungeon
(要FlashPlayer9)

 音ゲー系サイトにあるまじき全く違ったコンテンツを始めてみるテスト。AS3を使い始めて1年以上経ったので、そろそろ何かサイト上で作れないかと模索しつついろいろやっていこうという目論見であります。

 今回はPapervision3Dを使って3Dダンジョン風の動きを作ってみるというものです。

 Papervision3D(以下Pv3D)はFlashで3Dを描画するライブラリで、これを使うとわりと楽にFlashで3Dを扱うことができるようになります。他にも3Dを扱うライブラリは沢山あるわけですが、日本語の情報が多いのはPv3Dかなぁと思ってます。

 まあ前置きは置いといて。世界樹の迷宮をやってたらPv3Dでそんな感じのことできないだろうかと思ってとりあえずそれっぽいのを作ってみた。上の画像もしくはこちらから。(一度Flashをクリックしないとカーソルキーが効かないかも)

 カーソルキーで操作できます。「←→」で旋回、「↑↓」で移動です。壁に当たると一応動けないようになってるはずですが、そこまで熱心にバグチェックしてないので動けるかも分かりません。

 壁はPlaneで作成。マテリアルはColorMaterialですが、画像を貼り付けるともっとホンモノっぽくなるかもしれない。

 途中まで壁のポリゴンが移動する時に欠けるという問題があったんですが、Planeのセグメント数増やしたら欠けなくなりました。やはり近い物体のセグメント数は多くしないと見えないものとして処理されてしまう可能性があるってことですかね。

 まあ、すべてがテストなのでこんなところで。