2007年を振り返ってみる

 まあ、まとめるって言いましたし。この1年間で一番流行った気がするのはやっぱりニコニコ動画だろうか。いろいろ問題はあるけど、話題を持って行ってる気がする。あとは脳内メーカーも流行ってましたね。

■1-2月

 この辺はやっぱりACのIIDX GOLDだろうか。GPは駄目ではなかったけど、何か今ひとつだった世界樹の迷宮を買っておきながら後回しになってるというあれもこの辺か。あとオススメの本アンケートが終了したらしい。どれも面白かったのでこんな感じのアンケートはまたやりたい。今度はゲーム?映画?もう一度本?

■3-4月

 エイプリルフールネタを初めてやってみたりした。面白かったかどうかは不明。あとSaGa2の超魔術やりこみが終了。最後の動画は折りたたみ傘の先にデジタルカメラを取り付けて、それを足で挟んで無理やり撮ったものだったりします。結構四苦八苦した思い出が。

■5-6月

 ちょうど何もない期間かな。ペプシきゅうりなどなど。

■7-8月

 SaGa2MOTTAINAIやりこみ開始。現在プレイ中。あとはおいしいのに嫌われまくっていたディアボロジンジャーがこのころの話らしい。あれは普通においしいですって!風邪のとき飲んだら効くかも。今度売ってたら試そう。そうしよう。

■9-10月

 わけありで名古屋に行って喫茶マウンテンに行ったのが思い出深いかな。甘口メロンスパは相当マズかったです。あれは酷い。東京に来たにゅるすけさんからお土産で「たこべえ」を頂きました。次があればお会いできるといいな。

 あ、それとFF7ポーションが出ましたが、あれは駄目です。ポーションではないです。最近ニコニコで見かけたハイポーションの調合に出てくるポーションこそがポーションだと。

■11-12月

 引越ししたりマレーシア行ったり。一人暮らしの最初は慣れなくてかなりきつかったですが、今は何かもう慣れました。ブラウン管テレビも手に入りましたし。

 今年は忙しかったけどなかなか充実してたかな。来年もいい年でありますように(´ー`)ノシ

RimoとDJT

 今日で2007年も終了ですか。今年のまとめは次の更新時に。

 IIDX。帰省ついでに途中のゲーセンに寄って遠征筐体数を増やしてきました。ついでにUbertreffen[H]はA出して来ました。AAは遠いけど、徐々に慣れてきたのでもしかするともしかするかもしれない。beat#2まで頑張ってみよう。

 そういえば、RimoのIIDX TROOPERSチャンネルを利用すると簡単にDJTの音楽プレイヤーになることに気がついた。しかし本当にこれ大丈夫なのか?と思わなくもない。自分が作ったわけではないですが↓

 Rimo – beatmaniaIIDX15 DJ TROOPERS

 動画をブログパーツとしてブログから流すこともできるので、いろんなブログ/サイトがやりだすと流石に動画が消されそうな。まあ、Rimoそのものがもはや完全にニコニコに負けて勢いがない感じなので気に留めてないかな。

 Rimoって何で失敗したんだろう。いや、まだまだこれからなのかもしれないけど、最初は勢いあったのに一気に失速した気が。結構いいアイディアだと思うのだけど。やっぱり「パソコンはTVではなかった」、ということなんだろうか。

 でもニコニコで同じようなことができたら流行りそうな気もするんだけど、やっぱり中に流れるコンテンツの違いなんだろうか。あるいはYoutubeの容量制限か。クオリティか。ニコニコのマイリストを自動で全部流せるツールがあればすごく便利な気がする。というかどこかにそんなツールはありそうな気もする。探してないけど。

 Rimoの動画URLの登録って勝手に人のサイトが登録される可能性があるような気がするんだけど、動画URLを取得するための元URLだからあんまり気にしないのかな。多分サイトの持ち主はいい気はしないと思うのだけど・・・。

 あとRimo放送局を誰もが変更可能なのも不思議な感じがする。本来は勝手に登録されていくことで番組が増えていくことを期待したのかな。ユーザがいれば分かるけど、現状ではあんまり機能してない気もする。むしろ人の作ったものを編集するのはいかがかと思うし。何かと中途半端なのかも。

 —–

 写真がFlickrに流れるように、コンテンツはこちら側からあちら側にどんどん移っていく気がするなぁ。それが良いか悪いかは別にして、動画はYouTubeとかニコニコに流れていき、ユーザはブラウザさえあればいいという状態になりつつあるし。もうデータはこっち側に持つ時代じゃないのかな。まあ、そういう時代になったとして、それがどうなるのかは分からないけど。まあ、携帯でほとんど用が済むことになるのは間違いないと思うけど。

 自分の言いたいことがよく分からないのでとりあえず終了。

全曲表と用語集を更新

 IIDX全曲表、DJTの詳細情報がずれている件、修正しました。また、携帯版からの間違い報告から、難度とALFARSHEARの曲名を修正しました。

beatmaniaIIDX全曲表

 それと、用語集BBSに訂正依頼があったので反映しました。毎回仕様が変わるとなかなか書きにくいと思った。バージョンごとの説明をもっとしっかり書けばいいのかな。HAPPYSKY以降各バージョンの説明を書いてないのでそろそろ加えたいところ。

 そういえば「かまぼこスクラッチ」って新用語?

beatmaniaIIDX用語集

 今日あたりから仕事をしている人達もお休みでしょうか。どこ行くにしても混んでそうだなぁ。まあ今日もどうせ研究室行くだけかと思いますけどね。なんと楽しみのない休日・・・。

 最近自分の無趣味さに恐怖を感じないこともない。お金かからないし素晴らしいんですけどね。本、ゲーム、インターネットではちょっと狭い。ああ、変な飲み物買うのも趣味ですかね。映画の話とかスポーツの話とかついていけなくて困る。本とゲームじゃ話が合わない人多いのよね。ゲームも人それぞれ領域が違うし。周りの人と同じは面白くないが、周りの人と全く違うのでは今風に言えばKYな気もするし・・・生きて行くって大変よね。まあ、大変でなければ面白くないのだけど。

[3D]西川善司の3Dゲームファンのための「2007年の3Dゲームグラフィックス」講座

 ゲームの3D表現も昔と比べると随分それっぽくなってきたなぁと思うけど、やっぱり進化しても「本物」にはならないなぁ。計算処理のスピードと数の問題なんだろうけど、いつかは本当に見るからに現実と同じようなゲームができるんだろうか。そしてそれは面白いのだろうか。

[レトロゲー]年末年始は「レトロゲーム」にハマってみる!?

 そんなブームあったっけ?Wiiのバーチャルコンソールのおかげ?それともリメイク商法のおかげ?自分もSaGa2とか倉庫番2とかやってますが(最近SaGa2更新してませんが・・・)、古いゲームでも十分に、十二分に面白いですよ。DSでGBのゲームができればいいのだけど・・・Wii+DSでそういうのやってくれないかな。

漫画アンケートの続き

 そういえばすっかり忘れていた漫画アンケートResponse。薦めてもらった以上読まないとね。現状未読は以下の通りです。 

  • 闘将!!拉麺男
  • トライガン(再読中)
  • うしおととら(1巻は読んだ)

 トライガンは「ちゃんと先まで読むべし!」と指摘があり、借りて読ませてもらってます。まだ最終巻が出てないらしいので、途中までの評価となりそうですが、前に感じた印象とはずいぶん違うものになりました。

 うしおととらは1巻だけ読んでそのままです。が、これは薦められた時から全部読めと言われてるので全部読みます。

 最近、最後の単行本が出たということで、「衛星ウサギテレビ」の2巻を買ったんですが・・・正直言ってあまり面白くなかった。作者の本来の面白さを失って迷走している感が否めない。面白さの質が変わったのかな。復活を期待しているんですがね・・・。

IIDX全曲表データ追加

 IIDX全曲表のデータを追加しました。旧曲難度変更やデータ修正をいんふぉめさんを参考に行いました。詳細情報が何かデータがずれているらしく、難度が全然違うことになってますが、これはなるべく早く修正します。

 あと、『見た目変更』にDJTっぽい?ものを入れてみたのでよければそっちもどうぞ。「表示設定」の「スキン」で変更できます。まあ、スキンといっても背景画像が変わるだけなんですけどね。背景画像がタイトルの背景とあってない気がするのは仕様です。気が向いたら直します。広告がなければもう少しすっきりした感じになるかなぁと思わないでもないけど、無料レンタルサーバーでは仕方ないか。機能的には十分だし。

 IIDXは今日はしっかりやりました。Übertreffen[H]を出すために新曲をどんどんと。プレイしたら帰ろうと思ってたら予想以上に出なくて結構やってました。新曲は大体プレイしたかな。HYPERでもワンモアが出るらしいので、HYPERで頑張ろうかと思いましたが、Übertreffen[H]ムズイ。これをAAは厳しい。ランダムありなら可能性あるかなーと思ったりもしましたが、勲章取るには正規でAAだそうで。まあ、少なくともA取れるくらいには頑張りますね!!

[ニュース]暗い所で本「目悪くなる」 医学的根拠ない、と米チーム

 それなら枕元で小説読んだりしてても別に問題ないってことか。まあ、現状で分かってる点から考えると、根拠に乏しいということなんだろうけど。

[ゲーム]Wii リモコンで頭の位置を認識する VR システム

 確かに凄い。視点の動きを再現しすぎて逆に「本当に画面に映ってるのか?」と勘ぐってしまう。これでゲーム作ったら面白そう。やるならやっぱりガンシューティングかな。