倉庫番1-第8回 今日の左上


 さて、不安と不安でいっぱいですが、2000円を手に「ぷれぜんとかうぞ!」

続きは以下から

  • 7-1 きいあく
  • 7-2 きえあこ
  • 7-3 きくあせ
  • 7-4 きたあに
  • 7-5 きみあか
  • 7-6 きみいき
  • 7-7 きみえけ
  • 7-8 きみくす
  • 7-9 きみたな
  • 7-10 くああく

 こんどこそ!というわけで今回の寸劇。

 右から少年がプレゼントを持って現れました。今回は箱に入ってます。箱といってもいつもの荷物の箱じゃありません。ちゃんとプレゼント包装がしてある箱です。・・・ん?こう言うとプレゼント包装したいつもの箱みたいな気がしますね。多分違います。あくまでも多分。

 プレゼントを押しつつみきてぃの前に来る少年。受け取ってくれ!

 ・・・

 まあ、予想通りというか、何というか、みきてぃはそっぽを向き、少年の挑戦は失敗に終わりました。

「そ そんな・・・」

 少年の悲痛な声が聞こえます。

 少年は諦めずにプレゼントを続けるのか・・・?次回に

 ・・・行かずに今回で先に進みます。

  • 8-1 くいあけ
  • 8-2 くえあさ
  • 8-3 くくあそ
  • 8-4 くたあぬ
  • 8-5 くみあき
  • 8-6 くみいく
  • 8-7 くみえこ
  • 8-8 くみくせ
  • 8-9 くみたに
  • 8-10 けああけ

 さて、失意の少年。ここからどう巻き返してくれるのか?またさらにお金を貯めて今度こそ!というチャレンジをするのか?あるいはまったく別の方法でアプローチするのか?

 恒例の寸劇は、いつもとちょっと違いました。

 謎の人物が左上の方にポツリといます。そこを少年が通りがかり、そちらを見たかと思うと

「おや?」

 ・・・大変だ状況が全く分からない。いや後のストーリー見れば左上の人物が誰なのかは分かるんですが、ここ見ただけだと何が起こったのかわからない。

 何というか、第4回に出てきた少年人形にも見えるんですよ。左上の人。

 ・・・まさかプレゼントが捨てられているのを目撃したのか?!とか悲しい想像をしてしまいましたが、どうもドットの都合上そう見えただけのようです。よかったよかった。

 というわけで今度こそ次回へ続く。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。