その拳で何を見たか – GBSaGa1パンチやりこみpart6(完結)


6回目。完結編である。

さて、前回はHPが足りず、どうやっても倒せなかった。HPを上げる必用があるのだが、SaGa1で人間がHPを上げるためにはアイテムを使う必要がある。HPアップのために使用するアイテムは以下のものがある。

  • HP200
  • HP400
  • HP600

以上だ。大変完結でわかりやすい。それぞれ、HP200まで、HP400まで、HP600までは使うごとに一度に10程度上がるが、それを超えると1しか上がらなくなる。つまり、600以降は必ず1しか上がらない。しかしながら1ずつは上げられる。HPは999まで上げることができるのである。(あくまでも表示上999というだけで実際には上がっているのだが、今回のプレイにおいては基本的に999までしか上げないものとする。手が滑った場合は除く)

値段は当然HP600が一番高く、HP200は1つ100ケロで買えるため、HPを600以上に上げるためにはHP200を使うことになる。1つ100ケロなので、大した金額ではない。しかし、使う数はとてつもない数になる。現時点でのHPは全員600程度しかないので、1人につき400回使うものと仮定すると、1600個HP200を買い、各メンバーに使っていく必要がある。

エミュレータなどであれば簡単にサクッと終わるのかもしれないが、これは実機である。自分でポチポチアイテムを使っていくしか無い。買うときに間違ってちからのもとを買ってしまったりする。使おうとするときに既に999のキャラに使ってしまったりする。やばいと思ったが、手が滑るのを抑えられなかった。

この作業。単純に使うだけならば何も面白く無いのだが、やっていくうちに段々楽しくなってくる。単純作業というのは短い時間で集中してやる分には楽しい。他の考え事などを頭の隅に追いやって、ただただひたすらにHP200を買い、使う。カチャッ。カタカタ。カチャカチャッ(1回買う。以降8回繰り返し)。スチャッ。カタカチャッ。カチャカチャッカチャッ(ピュイッ)。カタカチャカチャッカチャッ(ピュイッ)。カタカタカチャカチャッカチャッ(ピュイッ)(1人目の場合。以降カタの数が7回まで増加し、最初に戻る)。カチャはAボタン、カタは十字キー、スチャはスタートボタンの音になる。

慣れてくる頃には、音まで消して、黙々と繰り返していた。こういう単純作業は、日々の辛いことが頭から離れないときなどに効果的だ(カタカタカチャ)。仕事でうまくいかなくて、何であの時あんなことしてしまったんだろうとか(カチャカチャッ)、一旦忘れて明日考えよう!と思ったことが頭をグルグルと回っていたりする日もあるだろう(カチャッ(ピュイッ))。そういう時に(カタカチャ)、この行為は(カチャ!カチャ!カチャッ!(間違えた))、有効なのだ(呆然としながら間違って買ったすばやさのもとを売り払う)

カチャカチャうるさいのでやめよう。

単純作業は思考が止まりやすいが、逆に止めたいときには役に立つ。頭がスッキリする。何度もできそうな感じすらしてくる。また気持ちも良くなってくる。気分が高揚してくる。自分が何をやっているのかわからなくなってくる。次第に手の感覚がおかしくなってくる。一体俺は何をやっているんだ。そう思っていても手が止まらない。目が離せない。トイレに行きたくなってももう少し!もう少し!と続けてしまう。恐るべき吸引力。吸引力の変わらないただひとつのHP200。我慢せずにトイレは行こう。

お金はアイテムを売り払って(一度にHP200を使える数を増やすための措置でもあるが)、12万ケロ手に入れた。1個100ケロなので、十分足りるかのように思われるかもしれないが、使う数は1600個であり、最終的には微妙に足りなくなってしまった。真の塔で数回戦闘するだけで4万ケロ以上手に入ったので問題はなかったが。

さて、そうした長い長い準備により、HPは全員999になった。

後は神を殺すだけ!

だが私は油断をし切っていた。確かに戦うための準備は万全だ。パンチ0はあるし、パンチは相当数ある。めぐすりも装備している。ご飯も食べて、風呂に入ってさっぱりした。心の準備もOK。真の塔を全て登って、最後の一方通行の部分を、背景が切り替わる度にセーブして、そして神のいる戻れない部屋の扉の前に立って、セーブして、電源を切って、一息ついて。

しばらくして、私は気づくのである。この先に行ったら戻れないのではない。既に戻れないのだと。

手前の階段はエスカレータ。逆方向に走ることはできない。後戻りなどできない。過ぎ去っていった日々はもう戻ってこない。

これもいきもののサガか…。

意味もなくこの後に出てくる名言を先取りしてしまったが、間違ってエスカレータの手前ではなく、エスカレータの先でドアを持たずにセーブしてしまったので、もはや後戻りはできない。

とはいえ、もはや後戻りなどする必要があるだろうか?

HPは999。パンチは揃ってる。目薬もある。くいあらためよの混乱を治すためのフライパンは無いが、そもそも「混乱したら終わり」なので見る必要もない。あとやることはただひとつ。ドアの先にいる、神の面を被った「かみ」の前で、5本の指を内側に折りたたんで胸の前に出し、肘を曲げたり伸ばしたりする運動をするのだ。

さあ。

しねー!∩・ω・)三⊃)´へωへ`*)

(モ:モンド, ヘ:ヘーゼル, ピ:ピスタ, ク:クルミ, なにも:なにもしなかった, ひかり:ひかりあれ, ひだりて:かみのひだりて, みぎて:かみのみぎて。数値はダメージかHP。)

ターン 行動1 行動2 行動3 行動4 行動5 ダメージ計 累積 パーティのHP
1 ク:210 モ:210 かみ:なにも ピ:212 ヘ:209 841 841
2 へ:209 モ:207 ク:210 ピ:209 かみ:なにも 835 1676
3 ク:207 モ:209 かみ:ひかり ピ:134 ヘ:129 679 2355
4 ピ:めぐすり ク:めぐすり モ:めぐすり かみ:ひだりて
174/210/210/205
ヘ:めぐすり 0 2355 828/789/789/794
5 ク:209 モ:209 かみ:ひだりて
158/238/181/208
ピ:210 ヘ:207 835 3190 670/551/608/586
6 モ:209 ピ:209 ク:212 かみ:みぎて
238/262/261/258
ヘ:206 836 4026 432/289/347/328
7 ク:206 ピ:209 かみ:フレア
287/319/318/315
モ:210 625 4651 145/0/29/13
8 モ:212 ピ:212 424 5075

saga1_punch

戦いは終わった。

かみはしんだ。

ここで最初に掲げた条件を記す。

  1. 装備する武器はパンチのみ。防具も装備しない
  2. 全員にんげん
  3. 主人公は男
  4. 後期版で使える裏技は使用して良い

うん。問題ない。これに加えて、HP999程度、すばやさ99程度、という条件もプラスされている。(おそらく微妙に超えているが)

パンチ1の連打は浪漫が云々という話もあるが、もうセーブしてしまって後戻りもできない現状ではどうしようもない。外面だけ1にすることはもちろん可能であるが、それは特に意味もない。あくまでも後期版で使用できない、と当時は思っていた、というだけのことだ。やりこみを達成したわけだし、言い訳など無用である。

とにかく私はやり遂げたのだ。このパンチやりこみを。SaGa2で挑戦し、不可能であった、パンチやりこみを。

最初に何人もの仲間が、お金のために消えて行った。ただただパンチを集めるだけで、あんなにも苦労していた時代があった。間の冒険は…考える必要もないくらい一瞬で終わったが、そのままのHPではイージスの盾に頼らざるをえない絶望。圧倒的強さ。そしてHPをアップさせるためにかかる手間を知ってまた絶望。

それでも諦めなかった。1歩1歩先に進んだ。いや、1歩ですらないのかもしれない。ただ、地べたに這いつくばって、手を伸ばしただけかもしれない。足を引きづっただけかもしれない。だが、希望を持って、必ず倒せると思って、進んだ。その結果がこれなのだ。

私は5本の指を内側に折りたたむ。それを彼らのように前後には動かさない。私はそれを胸の前に出し、少し下に引く。


「その拳で何を見たか – GBSaGa1パンチやりこみpart6(完結)」への2件のフィードバック

  1. 貴方は偉大です。
    他の誰もが認めないとしても(みんな認めるだろうけど)貴方は偉大です。

  2. いえいえとんでもないです。
    せめて胃大くらいです。別に大きくないですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。