SaGa2超魔術やりこみ:第8回 彼の名はようへい


はいどうもお久しぶりです。SaGa2です。

こちらのコンテンツとしては新年初ということで、
あけましておめでとうございました。

今回は前回の反省から、
今日(もう昨日)プレイした内容をそのままお届け!
ヌルイ飯でも喰らうがいい!!

過去の分はこちらからどうぞ

続きは↓

さて、謎の前置きは置いといて本編です。レースの町です。
とりあえず超魔術師らしく、風のように突破するため、
1000ケロ払って差し上げようじゃありませんか!!

そして、アダマンタイマイのところまで直行。

敵は出るけど、超魔術で無かったことに。
さて、アダマンタイマイのところに到着です。

しかしまずは直前でセー・・・・・・

ズドーン(戦闘開始音)

アダマンタイマイ 4

・・・・残念。どうやらドラゴンが速過ぎてセーブできなかったらしいです。
まあ、しかし、こちらにはビーナスを倒した「ひなわじゅう」がある。
心配は無用なのです。

いざ戦闘開始!

アダマンタイマイは どくぎりで
てきぜんいんを こうげき

シンジに 228ダメージ
1たい たおした

(中略)

シンジたちは ぜんめつした

オーディン「ゆうしゃたちよ!(ry

これはひどいw
普通に全滅ですよ。
攻撃する暇すらない。

まあ、現状のステータスをお知らせしますと、

シンジ:HP204
テンコ:HP153
マリク:HP130
カズミ:HP185

こんな感じです。
他のステータスは・・・まあ普段から見てる方なら分かりますよね?

どくぎり→死亡
どくぎり→死亡
どくぎり→死亡
どくぎり→死亡

まあ、どくぎりのダメージが200OVERなんだから無謀ですわw

しかしこちらには禁呪「ふいうち」がある。
折角だから先制攻撃して、倒せるかどうか確かめてみようじゃありませんか。
まさかビーナスを倒したひなわじゅうが効かないなんてそんなことは。

せんせいこうげき!

1ターン目:

アダマンタイマイ 4

アダマンタイマイは なにもしなかった
アダマンタイマイは なにもしなかった
アダマンタイマイは なにもしなかった
アダマンタイマイは なにもしなかった

テンコは ひなわじゅうで
アダマンタイマイを こうげき!

アダマンタイマイに 98ダメージ

(中略)

2ターン目:

アダマンタイマイ 4

・・・うーん目が悪くなったかな?
1ターン経過したのにアダマンタイマイが4体残ってるように見えるんだけど?

アダマンタイマイ 4

・・・つまり簡単に書くとこういうことになります!
1ターン目:ひなわじゅう×4→1匹も減らない
2ターン目:どくぎり→死亡

・・・これはもう超魔術の時間ですね。

超魔術!ウサ・ギトカ・メノハナシー!!

(超魔術:『ウサ・ギトカ・メノハナシー』
一番少ない戦闘回数でレースの町を抜ける方法をPUBのマスターに教えてもらう超魔術)

そんなわけで、超魔術による啓示をうけ、ドラゴンを一番遅い奴にしてもらう。
あまりのスピードに風がそよ風のようだ!!

そのまま敵を回避しつつ進む。

しかし、回避している中で、懐かしき友を見つけたのだ。
その名はようへい。

敵の名前として出てきたが、あいつは間違いない。あのようへいだ。
仕事中だから会話はできないだろう。それでも気付いてもらいたい。
ここはやはり礼儀に習って彼を呼ぼう。
おーい、ようへい!

違うな。そんなんじゃない。

こう呼ぶべきだ。

ヨウヘイヘーーイ!

(元ネタ:Youtube)

さようならようへい。もう会うこともないだろう。

さて、ウォッチャー戦です。
どこに出てくるのか分からず、またもセーブをしそこなったんですが、

ウォッチャー 2

とかでたので「これは普通にいけるんでは?」ってことで勝負!

→普通に勝利

まあ、あれです。
ウォッチャーも「はかいこうせん」は強いんですが、
その他「マヒにらみ」とか「フラッシュアイ」とか、補助系の技を多く使ってくれたので、
持ちこたえられましたよ。
ここで、シンジのHPが14UP。

現状:
シンジ:HP218
テンコ:HP153
マリク:HP130
カズミ:HP185

HP以外:初期値

どうみても「えど」に行くステータスじゃないなw


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。